停電生活の経験から ≫ 照明なし真っ暗夜の困難と工夫

真っ暗な夜

停電の夜は、当たり前ですが真っ暗でした。 家の中だけでなく、家の外も真っ暗。

幸い天気が良かったため、星空は驚くほどキレイでした。(街全体が暗いので、本当に星空がキレイでした。)

頼りになるのは、懐中電灯やロウソクです。 とはいっても、全体を照らすほどの光の量はなく、狭い範囲を薄暗く照らすだけ。

それでも、灯りがある事がありがたく、もしロウソクや懐中電灯がなければ、もっと大変な事態になってたなぁと、懐中電灯のありがたさを実感したのでした。

子供が小さくてロウソクは・・・

停電の最初の夜は、我が家では小さい子供がいたので、ロウソクは使いませんでした。

結婚式の記念にもらった大きなロウソクが押入れの奥にありました。 ものすごく大きいので、もし使ってれば、何時間でもそのロウソクだけで大丈夫だったでしょう。

でも、子供のいたずらや、余震で、火のついたロウソクが倒れると怖いと思い使いませんでした。

その日の午後に運よく購入できた2つの懐中電灯と、もとから家にあった1つのペンライトで過ごしたのでした。

常備の懐中電灯が壊れてて・・・

もともとウチには、懐中電灯が3つありました。 普通の懐中電灯が2つと、ペンライトが1つです。

ところが、普通の懐中電灯2つとも壊れてて使い物になりませんでした。

懐中電灯は基本的にはシンプルな構造ですので、簡単に壊れるものではないはずなのですが・・・

一つは入れっぱなしの電池が腐ってたことで、懐中電灯の金属部分もさびついて、電池を交換しても全然反応しなくなってました。

ヤスリでサビを落とせば使えるかなとも思いましたが、円筒形の奥のほうまでヤスリが届かず、あきらめてしまいました。

もう一つは球切れでした。 使ってない豆電球を見つけましたが、規格が違い交換できませんでした。

懐中電灯の保管方法

今回のことで、懐中電灯は長く使わない場合には、電池を抜いて保管しておくことが大事だと分かりました。

また、時には球切れなどをチェックしておくか、交換用に同規格の電球を保管しておくことが大事だと分かりました。

懐中電灯は2つ欲しい

家族みんなでいる場所に1つと、トイレやモノを取りに行ったりするために1つで、懐中電灯は最低でも2つは欲しいと感じました。

単二電池の懐中電灯が意外に重宝

続く停電のために、単一電池はすぐに売り切れてしまいました。

ところが意外に単二電池ならまだ購入できる店もあり、単二電池の懐中電灯が意外に重宝したのでした。

ロウソクの明かり













このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

石油ストーブなのに停電だと使えない|石油ファンヒーターなど
燃料は石油なのに、ファンヒーターなどの石油ストーブは、停電時には使えません。意外な盲点でした。ちなみに一昔前のタイプの石油ストーブである「だるまストーブ」や反射式のストーブなど、電気を使わないタイプのストーブのほうが、停電時には重宝です。ふだん物置で場所をとるジャマモノが一気に重要な存在となったので.....

停電時の光回線|電話・ネットが使えない
光回線による電話やインターネット。普段は速くて便利ですが、停電時は使えませんでした。ネットはあきらめても、せめて電話が使えると嬉しいのですが。停電時は逆に旧式の電話のほうが使えるようです。あるいは電話対策のために予備電源を準備するかですね。.....

入学式の前夜の地震で停電|中止それとも決行?
2011年4月7日深夜に起きた東日本大震災の大きな余震により停電となりました。翌日は小学校の入学式が予定されており、着物の着付けも翌朝の早朝に予約してました。入学式はやるのか中止なのかが気になるものの、地震の影響で電話も繋がりにくい状況で・・・.....

ゲートウェイ/ルーターの消費電力と予備電源(非常用電源)選び|停電の備え
停電時もインターネットを利用するにはゲートウェイやルーターの予備電源(非常用電源)の準備が必要になります。ひかり電話など光回線を使った電話を使う場合にもこれらの装置への通電が必要です。燃料の準備や音が気になる自家発電機より簡単な、バッテリーをつかった予備電源が便利です。.....

電気は蓄えるのが苦手
電気というエネルギーは、石油やガスなどに比べて蓄える事が苦手です。需要が少ない時に発電所で発電してストックしておく事が難しいです。そのため発電は需要のタイミングに合わせて行います。電力需要のピークに合わせて、発電力を増強しなければならない大きな理由です。

Copyright © 2011 停電対策. All rights reserved