停電生活の経験から ≫ 停電による断水

寝る前まで使ってた水が朝は出ない

夜は問題なく出ていた水が、朝起きたときには出ませんでした。 断水?

地震後数時間以上問題なく使えた水道が止まる理由が分からず、とりあえず市役所に聞いてみようと、市役所に行ってみると、朝7時前というのに給水車が止まっていました。

市役所の人を見つけて聞いてみると、この日、市内5箇所で給水を行うということでした。 断水の理由は停電によるものということでした。 水道給水のためのポンプなどが稼動できなくなったからでしょう。

停電が続くと水道も止まる

電気が止まると、水道も止まるということを初めて知りました。

でもたしかに、給水にはポンプなど電気を前提とした設備がいろいろありますからね。いわれてみるとその通りです。

給水をもらうための容器

給水情報は聞けたものの、飲み水をもらうための丁度いい容器がない。

結局、飲み水はスーパーで並んで、ペットボトル入りの水やお茶、ジュースなどを買いました。

蛇口全開で外出、通水で失敗

幸い電気が開通したことで、その日の夕方には断水が解除となりました。 ところが、この通水により大失敗・・・

朝、水が出なかったため、蛇口を開けていたことを、スッカリ忘れたました。 そして蛇口全開のまま外出してしまっていたのです。

夕方家に入ると、蛇口から、おもいっきり水が出てました。

断水時の外出と蛇口チェック

断水時に外出するときは、水道の蛇口が閉まっていることの確認が大事だと実感しました。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

照明・ライトの消費電力と非常用電源(予備電源)選び|停電に備え
暗くなる時間帯や暗い屋内では、停電で照明が使えないと困りますし、不安やストレスの原因にも。懐中電灯の明かりだけではできることは限られます。停電時でも明かりを確保するため予備電源(非常用電源)を備えましょう。燃料の準備や音が気になる自家発電機より簡単な、バッテリーをつかった予備電源が便利です。.....

アウトドアと非常用
非常用電源を非常時だけのものにしてはもったいないです。普通のときはアウトドアの電源としてレジャー用に使うのがポイント。たっぷり楽しめる上に、使い慣れることで、非常時もよりスムーズに使えるというオマケつき。平時にも非常時にも使うことが大事です。

コージェネレーション
コージェネや熱電併給ともいわれ、発電時の排熱も利用することで、エネルギー効率を高めるシステム。ガスタービンエンジンシステム、ディーゼルエンジンシステム、燃料電池システムなどいろいろなタイプのものが開発されました。CO2削減に期待される仕組みの一つです。

停電でもガスは使えた|プロパンガス
プロパンガスは停電に関係なく使えました。都市ガスでは地震の影響で広く使えなくなったという話を聞きましたが、プロパンガスは戸別のためリスク分散されてて地震時には逆にいいのかも。ガスにより調理ができたので、食事をインスタントやパンだけに頼らなくてもよく助かりました。.....

ガソリンが入手困難となって・・・ガソリン探しからの教訓と工夫
東北地方太平洋沖地震の発生後しばらくは、ガソリンが手に入り難い状況となりました。多くのスタンドが完売を掲げ休む中、ガソリンが買えるスタンドには長蛇の列ができました。また1台で2000円までなどの上限もありました。そんな体験を通じた教訓とうまくいった工夫をまとめました。.....

Copyright © 2011-2019 停電対策. All rights reserved