停電生活の経験から ≫ 停電中のプロパンガス

停電でもプロパンガスは使えた

水道は停電の影響で断水となりましたが、ガスのほうは大丈夫でした。

地震の影響で広範囲の都市ガスが止まったという話も聞きましたが、プロパンガスは戸別なので、地震に対するリスク分散は都市ガスより良さそうです。

とにかくガスが使えたことで、調理ができ食事の面ではかなり助かりました。

あたたかい食事

寒い中にも関わらず、停電で石油ファンヒーターが動かず、あたたかい食事ができたのは嬉しかったです。

カンタンにおいしく食べるというのでは、インスタントラーメンが重宝しました。 店に行ってもインスタントラーメンが売れすぎて、なかなか買えないほどでした。

電気炊飯器は使えませんでしたが、鍋とガスで、米からごはんも炊けました。 なかなか面倒で難しかったですが・・・。 離乳食のおかゆを米から作ったときの経験も活かして。


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

ゲートウェイ/ルーターの消費電力と予備電源(非常用電源)選び|停電の備え
停電時もインターネットを利用するにはゲートウェイやルーターの予備電源(非常用電源)の準備が必要になります。ひかり電話など光回線を使った電話を使う場合にもこれらの装置への通電が必要です。燃料の準備や音が気になる自家発電機より簡単な、バッテリーをつかった予備電源が便利です。.....

アクアリウムにも欲しい停電対策
アクアリウムには常時必要な電気があります。水質や水温の維持などに電力を使います。例えば熱帯魚などでは温度管理が重要ですが、季節によってはヒーターなしに維持することは難しいです。大事な熱帯魚たちを停電から守るために非常用電源が欲しいところ。

電気は蓄えるのが苦手
電気というエネルギーは、石油やガスなどに比べて蓄える事が苦手です。需要が少ない時に発電所で発電してストックしておく事が難しいです。そのため発電は需要のタイミングに合わせて行います。電力需要のピークに合わせて、発電力を増強しなければならない大きな理由です。

非常用電源と法令
非常用電源に関係した法令としては、建築基準法や消防法があります。建築基準法には非常用照明、非常用エレベーター、排煙設備、防火戸・防火シャッターなどの防災負荷が規定され、消防法にはスプリンクラー・屋内消火栓、自動火災報知設備、誘導灯などの防災負荷が規定されてます。

照明が使えない真っ暗な停電の夜の困難と工夫
電気のある生活に慣れきった体質ゆえに、突然停電で照明が使えない夜は大変でした。そんな困った経験や、そこから生まれた工夫、あとから思いついた・教えてもらったいい方法、反省などをまとめました。停電への備えを考えるとき、具体的な困難・失敗を併せて知る事もきっと参考になると思います。.....

Copyright © 2011-2019 停電対策. All rights reserved