停電生活の経験から ≫ 停電時の光回線

停電で電話が通じない

「停電でも電話は通じるもの」というのが昔の常識でした。 でも光回線では、停電時に電話は使えませんでした。

パソコンの電源がないので、インターネットはあきらめるにしても、電話が使えないのはショックでした。

例えば、遠くの親戚が心配して電話をくれていたとしたら、繋がらないことで悪いことを想像してないか、少し心配でした。 特に年輩の方でネットに疎い人は、電話は停電でも繋がるという発想ですからね。

逆に昔のタイプの電話は、停電でも通じてました。 とはいえ中には、回線は使えても、電話機が複合機などで電気を必要とし、停電によって使えなくなったケースもあったようです。

停電で電話が使えないという思い込み

「停電で電話が使えない」という思い込みから、使えるはずの電話を使わなかったという話も聞きました。

本当は安否確認など、もっと早くカンタンにできたかもしれないのに、もったいないですね。

停電時に使える電話かどうか

停電でも使える電話かどうか、知っておく事が大事だと思います。

自分の家ではムリでも、ご近所さんで使える電話があるとを知ってれば、万一の時には貸してもらうこともできるかもしれないですね。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

アクアリウムにも欲しい停電対策
アクアリウムには常時必要な電気があります。水質や水温の維持などに電力を使います。例えば熱帯魚などでは温度管理が重要ですが、季節によってはヒーターなしに維持することは難しいです。大事な熱帯魚たちを停電から守るために非常用電源が欲しいところ。

電気は蓄えるのが苦手
電気というエネルギーは、石油やガスなどに比べて蓄える事が苦手です。需要が少ない時に発電所で発電してストックしておく事が難しいです。そのため発電は需要のタイミングに合わせて行います。電力需要のピークに合わせて、発電力を増強しなければならない大きな理由です。

非常用電源と法令
非常用電源に関係した法令としては、建築基準法や消防法があります。建築基準法には非常用照明、非常用エレベーター、排煙設備、防火戸・防火シャッターなどの防災負荷が規定され、消防法にはスプリンクラー・屋内消火栓、自動火災報知設備、誘導灯などの防災負荷が規定されてます。

照明が使えない真っ暗な停電の夜の困難と工夫
電気のある生活に慣れきった体質ゆえに、突然停電で照明が使えない夜は大変でした。そんな困った経験や、そこから生まれた工夫、あとから思いついた・教えてもらったいい方法、反省などをまとめました。停電への備えを考えるとき、具体的な困難・失敗を併せて知る事もきっと参考になると思います。.....

停電が引き起こした断水|電気がないと水道も止まる
停電直後は使えてた水道も、停電が長引いたことが原因で断水となりました。水道の給水に必要なポンプが停電で稼動できなくなったためでしょう。停電で水道まで止まるなんて考えたこともなかったので、水を溜めておくという考えがなく、断水後はさっそく水不足で困ったのでした。.....

Copyright © 2011-2019 停電対策. All rights reserved