家電や機器の停電対策 ≫ 冷蔵庫・冷凍庫の消費電力

停電でも止めたくない冷蔵庫・冷凍庫

冷蔵庫や冷凍庫には、冷凍食品や要冷蔵・要冷凍の食品・薬品、アイス、氷、生ものなどが保存されており、停電で長く止まるとダメになって困ります。

停電時の予備電源(非常用電源)について考えました。

冷蔵庫の消費電力

冷蔵庫の消費電力は、意外かもしれませんが、冷蔵庫の大きさに比例していません。 「小さい冷蔵庫より大きい冷蔵庫のほうが 消費電力が小さい」ということもよくあります。

冷蔵庫の消費電力は、コスト(電気料金)の視点から、年間消費電力で表現される事も多いです。

1年間ですと300kWh~500kWh程度です。 冷蔵庫は一年中つけっぱなしなので、平均すると34~57ワットくらいです。

暑いときは消費電力は高めとなり、トビラの開閉を減らすことで消費電力は抑えることもできるでしょう。

(なお定格消費電力を見ると、100W~500Wくらいの表示ですが、現実的には常時この数字でフル稼働することはないです。)

非常用電源(予備電源)選び

自家発電機があれば、800Wや1000Wなど、たっぷり電力を使うこともできますが、燃料の準備や騒音など面倒な部分もあります。

300W程度までの用途なら、バッテリーを利用し、簡単に利用できる非常用電源(予備電源)があります。

多くの冷蔵庫は、利用方法も配慮すれば、300W程度以内で十分停電をしのげるでしょう。



簡単に使える予備電源

このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

コージェネレーション
コージェネや熱電併給ともいわれ、発電時の排熱も利用することで、エネルギー効率を高めるシステム。ガスタービンエンジンシステム、ディーゼルエンジンシステム、燃料電池システムなどいろいろなタイプのものが開発されました。CO2削減に期待される仕組みの一つです。

石油ストーブなのに停電だと使えない|石油ファンヒーターなど
燃料は石油なのに、ファンヒーターなどの石油ストーブは、停電時には使えません。意外な盲点でした。ちなみに一昔前のタイプの石油ストーブである「だるまストーブ」や反射式のストーブなど、電気を使わないタイプのストーブのほうが、停電時には重宝です。ふだん物置で場所をとるジャマモノが一気に重要な存在となったので.....

停電でもガスは使えた|プロパンガス
プロパンガスは停電に関係なく使えました。都市ガスでは地震の影響で広く使えなくなったという話を聞きましたが、プロパンガスは戸別のためリスク分散されてて地震時には逆にいいのかも。ガスにより調理ができたので、食事をインスタントやパンだけに頼らなくてもよく助かりました。.....

停電時の光回線|電話・ネットが使えない
光回線による電話やインターネット。普段は速くて便利ですが、停電時は使えませんでした。ネットはあきらめても、せめて電話が使えると嬉しいのですが。停電時は逆に旧式の電話のほうが使えるようです。あるいは電話対策のために予備電源を準備するかですね。.....

ガソリンが入手困難となって・・・ガソリン探しからの教訓と工夫
東北地方太平洋沖地震の発生後しばらくは、ガソリンが手に入り難い状況となりました。多くのスタンドが完売を掲げ休む中、ガソリンが買えるスタンドには長蛇の列ができました。また1台で2000円までなどの上限もありました。そんな体験を通じた教訓とうまくいった工夫をまとめました。.....

Copyright © 2011-2019 停電対策. All rights reserved