停電生活の経験から ≫ 停電で使えない石油ストーブ

石油ストーブなのに停電はダメ

石油ファンヒーターなどのストーブは石油が燃料なのに停電だと使えません。 ファンを回したり、着火時に電気を使っているからです。

頭のどこかに「石油ストーブだから停電でも大丈夫だろう」という思い込みがあったせいか、動かないと気づいたときはショックでした。

石油ストーブでも昔よく使われてた「だるまストーブ」や反射式のストーブなら問題なく使えたのですが、物置でジャマになるからと処分していた家庭も多かったようです。

ウチもファンヒーターしかなかったため、暖房が使えず、家の中でも防寒具とカイロが欠かせませんでした。

8時に就寝・寝るのが一番かも

暗くなって灯りは懐中電灯だけですし、暖房が使えず寒いこともあり、8時にはみんなで寝ました。

することもなく、寒い中起きてても、ストレスがたまるだけと考え、ご飯を食べて歯を磨き終わった後寝ることにしました。 8時くらいでした。

朝も明るくなるまで寝てたので、近年マレにみるほどのタップリ睡眠でした。

ガス・水道が健在で湯たんぽ

幸い水道が使えたことと、プロパンガスも使えたため、湯たんぽで布団の中を温めることができました。


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

石油ストーブなのに停電だと使えない|石油ファンヒーターなど
燃料は石油なのに、ファンヒーターなどの石油ストーブは、停電時には使えません。意外な盲点でした。ちなみに一昔前のタイプの石油ストーブである「だるまストーブ」や反射式のストーブなど、電気を使わないタイプのストーブのほうが、停電時には重宝です。ふだん物置で場所をとるジャマモノが一気に重要な存在となったので.....

停電時の光回線|電話・ネットが使えない
光回線による電話やインターネット。普段は速くて便利ですが、停電時は使えませんでした。ネットはあきらめても、せめて電話が使えると嬉しいのですが。停電時は逆に旧式の電話のほうが使えるようです。あるいは電話対策のために予備電源を準備するかですね。.....

入学式の前夜の地震で停電|中止それとも決行?
2011年4月7日深夜に起きた東日本大震災の大きな余震により停電となりました。翌日は小学校の入学式が予定されており、着物の着付けも翌朝の早朝に予約してました。入学式はやるのか中止なのかが気になるものの、地震の影響で電話も繋がりにくい状況で・・・.....

ゲートウェイ/ルーターの消費電力と予備電源(非常用電源)選び|停電の備え
停電時もインターネットを利用するにはゲートウェイやルーターの予備電源(非常用電源)の準備が必要になります。ひかり電話など光回線を使った電話を使う場合にもこれらの装置への通電が必要です。燃料の準備や音が気になる自家発電機より簡単な、バッテリーをつかった予備電源が便利です。.....

電気は蓄えるのが苦手
電気というエネルギーは、石油やガスなどに比べて蓄える事が苦手です。需要が少ない時に発電所で発電してストックしておく事が難しいです。そのため発電は需要のタイミングに合わせて行います。電力需要のピークに合わせて、発電力を増強しなければならない大きな理由です。

Copyright © 2011 停電対策. All rights reserved