停電生活の経験から ≫ 停電で使えない石油ストーブ

石油ストーブなのに停電はダメ

石油ファンヒーターなどのストーブは石油が燃料なのに停電だと使えません。 ファンを回したり、着火時に電気を使っているからです。

頭のどこかに「石油ストーブだから停電でも大丈夫だろう」という思い込みがあったせいか、動かないと気づいたときはショックでした。

石油ストーブでも昔よく使われてた「だるまストーブ」や反射式のストーブなら問題なく使えたのですが、物置でジャマになるからと処分していた家庭も多かったようです。

ウチもファンヒーターしかなかったため、暖房が使えず、家の中でも防寒具とカイロが欠かせませんでした。

8時に就寝・寝るのが一番かも

暗くなって灯りは懐中電灯だけですし、暖房が使えず寒いこともあり、8時にはみんなで寝ました。

することもなく、寒い中起きてても、ストレスがたまるだけと考え、ご飯を食べて歯を磨き終わった後寝ることにしました。 8時くらいでした。

朝も明るくなるまで寝てたので、近年マレにみるほどのタップリ睡眠でした。

ガス・水道が健在で湯たんぽ

幸い水道が使えたことと、プロパンガスも使えたため、湯たんぽで布団の中を温めることができました。


このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

パソコンの消費電力と非常用電源(予備電源)選び|停電対策
停電でパソコンが使えないから仕事にならないでは困ります。非常用電源(予備電源)を確保して、停電でも業務のストップを防ぐ準備が大事です。まずは消費電力を把握し、適切な予備電源を確保しましょう。燃料の準備や音が気になる自家発電機だけではないです。.....

アクアリウムにも欲しい停電対策
アクアリウムには常時必要な電気があります。水質や水温の維持などに電力を使います。例えば熱帯魚などでは温度管理が重要ですが、季節によってはヒーターなしに維持することは難しいです。大事な熱帯魚たちを停電から守るために非常用電源が欲しいところ。

非常用電源と法令
非常用電源に関係した法令としては、建築基準法や消防法があります。建築基準法には非常用照明、非常用エレベーター、排煙設備、防火戸・防火シャッターなどの防災負荷が規定され、消防法にはスプリンクラー・屋内消火栓、自動火災報知設備、誘導灯などの防災負荷が規定されてます。

停電が引き起こした断水|電気がないと水道も止まる
停電直後は使えてた水道も、停電が長引いたことが原因で断水となりました。水道の給水に必要なポンプが停電で稼動できなくなったためでしょう。停電で水道まで止まるなんて考えたこともなかったので、水を溜めておくという考えがなく、断水後はさっそく水不足で困ったのでした。.....

停電復旧の場所による時間差の理由
停電の復旧は場所によって早いところと遅いところがありました。同じ町内なのに道路一本隔てただけで、数時間以上復旧に時間差があったことも。それにはちゃんと理由がありました。電力供給のバランスを考えながら、市役所や大きな病院などが含まれるエリアから通電を開始したからだそうです。.....

Copyright © 2011-2019 停電対策. All rights reserved