家電や機器の停電対策 ≫ 照明・ライトの消費電力

停電の暗闇対策

停電で一番困るのは、真っ暗になることではないでしょうか?

暗くなる時間帯や暗い屋内の場合、停電で照明が使えないと困ります。 また不安やストレスの原因にもなります。

照明・ライトの消費電力

LED照明などもあり、照明はそれほど大きな電力を必要としません。 しかも照明があるのと・無いのとでは雲泥の差ですね。 明かりに関係した主な消費電力(目安)は次の通りです。

機器など消費電力の目安メモ
蛍光灯(6畳部屋吊)60W
白熱電球60W形相当のLED電球10W
電気スタンド(白熱灯)60W
電気スタンド(蛍光灯)20~30W
電気スタンド(LED)5~10W

非常用電源(予備電源)選び

明るさを確保する程度なら、わざわざ自家発電機は不要でしょう。 何かと燃料の準備や騒音など面倒な部分もあります。

300W程度までの用途なら、バッテリーを利用し、簡単に利用できる非常用電源(予備電源)が便利です。



簡単に使える予備電源

このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

ゲートウェイ/ルーターの消費電力と予備電源(非常用電源)選び|停電の備え
停電時もインターネットを利用するにはゲートウェイやルーターの予備電源(非常用電源)の準備が必要になります。ひかり電話など光回線を使った電話を使う場合にもこれらの装置への通電が必要です。燃料の準備や音が気になる自家発電機より簡単な、バッテリーをつかった予備電源が便利です。.....

電気は蓄えるのが苦手
電気というエネルギーは、石油やガスなどに比べて蓄える事が苦手です。需要が少ない時に発電所で発電してストックしておく事が難しいです。そのため発電は需要のタイミングに合わせて行います。電力需要のピークに合わせて、発電力を増強しなければならない大きな理由です。

照明が使えない真っ暗な停電の夜の困難と工夫
電気のある生活に慣れきった体質ゆえに、突然停電で照明が使えない夜は大変でした。そんな困った経験や、そこから生まれた工夫、あとから思いついた・教えてもらったいい方法、反省などをまとめました。停電への備えを考えるとき、具体的な困難・失敗を併せて知る事もきっと参考になると思います。.....

停電時の情報収集に欠かせないラジオ&ワンセグ
停電でテレビが使えないなか、情報収集はラジオとケータイで見られるワンセグのテレビが中心となりました。ワンセグでのテレビが1番ですが、ケータイの充電がままならない中、バッテリーを節約しながら見る必要があり、電池で聞けるラジオはすごく助かりました。.....

灯油がない・・・灯油探しの教訓と工夫
東北地方太平洋沖地震の発生後しばらくは、灯油が手に入り難い状況となりました。ガソリンスタンドやホームセンターなどでも完売が掲げられ、灯油が購入できない日も多かったです。寒さの続く中、3月は灯油の節約と灯油探しの日々でした。そんな体験を通じた教訓とうまくいった工夫をまとめました。.....

Copyright © 2011-2019 停電対策. All rights reserved