ソーラー&充電器を使ったカンタン予備電源だから
  手軽でカンタンな停電対策
    アウトドアにも使えて一石二鳥!


家庭や事務所の停電対策をあきらめないで

停電対策といえば、自家発電機などの非常用電源(予備電源)をイメージする方が多いです。 でも自家発電機の場合、燃料の準備が必要だったり、騒音や振動が気になる場合も。

露店や屋台などで使われるようなタイプの自家発電などでは、そもそも集合住宅などで使うには問題もあります。

また一般家庭や事務所に発電機があっても、面倒な割に災害時以外の使い道が限られているので、邪魔なだけという思いも。

そのため、停電時に予備電源という発想があまり無かったのが、これまでの状況でした。

ところが、バッテリーを使った手軽に使える予備電源(非常用電源)の登場が、これまでの常識を一変させるかも。 停電時だからといって、もう電気をあきらめなくて済むかもしれません。

ソーラーや家庭用電源での充電なのでカンタン。 そして平時にはアウトドアグッズとしても使えるので、防災とレジャーの一石二鳥です。

常識は変わる

電気のある生活が当たり前の私たちにとって、停電時に乾電池だけが頼りでは、あまりにも心細いです。

カンタンに扱える非常用電源が、停電時の不便や不安をかなり和らげてくれるはずです。

カンタン予備電源が変える!停電時の状況

乾電池のみ カンタン予備電源あり(300Wまで)


△ ロウソクや懐中電灯の狭い明かりだけ○ 部屋の照明やスタンド照明でより広い明かり

 
○ ラジオやワンセグによる情報収集
△ ケータイでのワンセグの場合、ケータイのバッテリー残量に注意が必要
○ ラジオやワンセグによる情報収集
○ ワンセグ試聴で減ったケータイのバッテリは充電も可能
○ テレビによる情報収集が可能
○ パソコンとインターネットを使い、電力会社の停電情報など欲しい情報を自分で探すことも可能

 
・ 買い置きが基本。停電発生後は売り切れやすい。・ ソーラーや家庭用電源でバッテリーに充電
・ アウトドアのレジャー用途の電源としても活用

使い方しだいで、停電時の不便やストレスがかなり解消できます。

照明やパソコンの稼動で、仕事の停止を防ぐこともできますね。



気になる記事ピックアップ

電気が当たり前の生活
どんどん電気は生活の中に浸透しており、今では電気のない生活が考えられないほどです。例えば、パソコンを使える人が少数派だった頃とは違い、今ではパソコンが動かなければ仕事にならないというケースが多いはず。そんな社会だからこそ、昔と同じ発想の乾電池だけに頼る停電対策は、もう時代遅れかもしれないですね。

300ワット程度以内で使える家電
300ワット程度以内で使える電化製品は意外に多いです。例えば、ワンセグ受信にも便利な携帯電話の充電や、大きくないテレビ、パソコン、照明・スタンド、水槽セット、ワインセラー、冷蔵庫、・・・。商品によっては300ワットを越えるものもありますので、チェックは必要ですが、探すといろいろあります。

単二の懐中電灯が意外に便利
停電時となれば懐中電灯と単一の乾電池が必需品です。乾電池の中では、単一と単三が特に早く売り切れます。そこであえて単二の乾電池要の懐中電灯を準備しておくことで、乾電池の売り切れのリスクを減らす事ができます。ラジオでも同じ事がいえます。意外に重宝な単二の乾電池です。

懐中電灯に入れっぱなしの乾電池
懐中電灯に何年も乾電池を入れたまま放置していたら、中で乾電池が腐食して、その影響で懐中電灯の通電を担う金属部分も腐食してしまっていました。電池を新しいものに変えても全く点灯しません。懐中電灯も長く保管するには、一旦乾電池は外しておいたほうがいいかもしれません。結局その懐中電灯は使い物にならず、廃棄となりました。

インバータのタイプ
直流電源のバッテリーから交流の電気をとりだすのに使うインバータ。インバータには、矩形波タイプと正弦波タイプの2タイプがあります。デスクトップパソコンや、マイコン制御の機器、精密機器などは、矩形波タイプのインバータとは相性が悪いので、正弦波タイプのインバータを使います。

防災とレジャーの一石二鳥を
ソーラーや家庭用電源で充電できるバッテリーを使った非常用電源なら、使い方がカンタンなので、実はレジャー用としても便利。ですので、普段はアウトドアでのレジャー用として利用することで、使い方にも慣れ、ますます防災時の効果も高まるかもしれないです。自家発電機のように燃料の準備が要らないところが嬉しいですね。

ソーラー発電のパワー
リアルタイムでソーラー発電した電力を使って何かをしようとすると、かなり大きなパネルが必要になります。ソーラーカーをイメージすると分かりますね。でも、ソーラーで発電した電気をバッテリーに充電しておけば、小さなパネルでも実用的な電源にすることができます。ソーラーとバッテリーの組合せがポイントですね。

停電後の通電の際の注意
地震などによる停電。解除となり通電が始まると一安心です。でも、この通電時に火災が発生する事があるようです。つまり、電化製品や配線の破損が原因で漏電やショートを起こし火事となるケースです。これを防ぐには停電中に一旦ブレーカーを落として、通電前までに電化製品や配線に異常がないかをチェックしておくことが大事です。

停電時はケータイが重宝につき
停電時の電話やメール、ワンセグ、ネットをつかった情報収集など、携帯電話が1台で何役も活躍です。できればバッテリを気にせずに使いたいのですが、停電時は充電が課題。乾電池や自動車からの充電ができる便利なグッズもありますので、念のために持っておくと安心かもしれませんね。

停電対策|集合住宅や団地で使える予備電源(非常用電源)
集合住宅や団地でも停電対策として使える非常用電源(予備電源)が話題です。ソーラーや家庭用電源でバッテリーに充電し、停電時にコンセントで電気が使える仕組みがあります。燃料を使ったり、騒音が気になる自家発電機の使用には問題がある集合住宅や団地でも停電時の電気をあきらめるのは早いかも。.....


ソーラー予備電源

↑クリック↑
カンタン便利な予備電源
アウトドアでも使える♪

ところ

目的

機器

東北

関東

中部ほか

東北電力/第1グループ

東北電力/第2グループ

東北電力/第3グループ

東北電力/第4グループ

東北電力/第5グループ

東北電力/第6グループ

東北電力/第7グループ

東北電力/第8グループ

東京電力:第一グループ

東京電力:第二グループ

東京電力:第三グループ

東京電力:第四グループ

東京電力:第五グループ

| TOP体験から学んだ停電対策

お問い合わせ

ご意見・ご感想・お問合せ等はコチラ

電気自動車の開発状況
Copyright © 2011 家庭・事務所の停電対策|簡単ソーラー非常用電源|アウトドアにも使える予備電源. All rights reserved